So-net無料ブログ作成
検索選択

鶴岡八幡宮の大銀杏 幹移し根元再生へ作業開始 東農大教授が助言(産経新聞)

 鶴岡八幡宮(神奈川鎌倉市)は12日、強風の影響で倒れた県指定天然記念物「大銀杏(おおいちよう)」の再生に向けた作業を開始した。

 東京農大の浜野周泰教授が同日朝、現地を調査。倒木を根付かせるため、根元から3〜4メートルの幹部分を脇に移植するよう指導した。これを受け、職員らが移植場所の掘削や、再生可能な高さを確認する作業を行った。また、残った根元から若木が芽生えるよう、根が抜けた穴には土を入れる。

 八幡宮では「姿かたちは変わっても、ご神木としておまつりしたい」としている。

【関連記事】
[フォト]鎌倉の大銀杏、根元からぽっきり折れてしまった
鎌倉の大銀杏、幹移し根元再生へ 東農大教授が八幡宮に指導
クローン技術利用も!? 倒壊の鶴岡八幡宮大銀杏の「再生」検討
倒壊鎌倉大銀杏「回復は不可能」 県が輪切りなどでの保存を要請
源実朝ゆかりの「隠れ銀杏」折れる

北海道根室市で震度3(時事通信)
「病院に予約、急いでた」91歳ひき逃げ逮捕(読売新聞)
首相動静(3月11日)(時事通信)
普天間移設「最終調整案は複数に」 防衛相が見通し(産経新聞)
<三菱自動車>欠陥隠し裁判 ふそう元会長ら有罪確定へ(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。